おもてなしステージ紹介④ 12:30~12:55

【トークイベント❶】『知って得するきもの言葉』

ご協力いただくのは「NPO着物を着る習慣をつくる協議滋賀支部」の増倉代表(昔きもの今きもの『和蔵』社長)。
増倉代表は、普段何気なく使ってる言葉が、着物用語から生まれたんだよ…と目から鱗のお話をしてくださいます。

例えば……
「辻褄が合わない」って言葉使いますよね?この辻褄の「辻」は、道が十字に交差する部分をさし、「褄」はきものの裾が左右に合うところのことで、いずれも合うべき部分を意味します。
そこから道理などが合うことを「辻褄が合う」、ちぐはぐなことを「辻褄が合わない」と用いられるようになりました。

また、子育て中の方ならば意識して知っててほしいな…「躾〜しつけ〜」という言葉。
この「躾」が着物から来ているんです!

仕立てあがったばかりの着物は、仕付け糸(躾糸)で閉じられていますが家庭教育などで礼儀を教えるのも「躾」といます。これは、和語で、つまりの所日本人の作った言葉なのです。
着物は、仕立てあがった時、仕立てが正しくされていないと型崩れして
長持ち、着にくいといった不具合が出てしまいます。
着物の仕付け、仕立ては先人達が着物をどれだけ大切にしたかを教えて
くれると言えるのではないでしょうか。
日本の礼儀作法も、そんな着物生活から生まれたと考えられています。

当日は限られた時間ですが、知って得するきもの言葉をお話しいただきます!

もっと知りたい方は……『和蔵』まで^ ^
●草津駅東口すぐ エルティ932内2階

Follow me!