近江のおもてなしブース紹介①

さぁ!今日から11月🍁秋晴れが気持ちいい☀️今月11/23はぜひ『近江のおもてなし〜五感で和文化を楽しもうinびわ湖大津館』へ!

滋賀が大好き!着物大好き!日本の伝統文化に楽しく触れてほしい!そんな想いで集まり企画!「和文化」「着物」って聞くと、おっくうになる方や、無関心の方も、ぜひ!ぜひ!遊びに来てください^ ^

今日から毎日2件(団体)ずつ、当日ご出店いただくブースやステージ出演者をご紹介していきますょ〜🌈✨

今日はまず、ご出店いただくブースさんから^ ^

昨年もお世話になった『丸安茶業』さん。風土豊かな滋賀は日本茶発祥とも言われ、中でも風味豊かな土山茶。
今年も可愛いインスタ映え映え❤️のパッケージのお茶から、ラテ、ほうじ茶プロテイン♡など丸安さん自慢のオススメ商品が並びます🌈

↓丸安茶業 前野専務からのコメント↓
「創業1872年滋賀県の茶問屋 丸安茶業株式会社は日本茶の製造元であり、焙煎•加工•抹茶挽きなど全てを一貫して行います。伝統的な抹茶や赤ちゃん番茶をはじめ、抹茶ラテ、ほうじ茶ラテ、チャイラテなどカジュアルな商品も多数リリースしています。当日多くの試飲そして購入できる最大のチャンスですので、是非ともブース、近江おもてなしへご参加くださいませ!皆さまとお会いできることを楽しみにしています。」

★丸安茶業さんのサイトはコチラ

そして、堅田で90年も続く老舗和菓子店『金時堂』の三代目山本さんがこの企画の想いに賛同いただき、初出店!堅田が発祥地とされる落雁の製法を代々引き継ぎ、多くの人たちに愛されているお店。
みなさん、「堅田の落雁」って聞いたことありますよね?!

落雁は遠く明朝以来の中国菓子の軟落甘(なんらくかん)から転じたと伝えられ、中国に渡来してからは、平たい四角形に固められ表面に胡麻を散らせた様が、近江八景の一つ「堅田の落雁」に似ていることから「落雁」と称されたとも
晴れていたら☀️みたらし団子の実演販売もあるかも?!

↓金時堂の山本さんのコメント↓
「目で楽しみ、口で味わい、心でいただく……和菓子の醍醐味はここにある。
金時堂の看板商品、落雁もその典型だろう。
近江八景の一つ「堅田の落雁」にちなみ、琵琶湖に浮かぶ浮御堂とその上を雁が優雅に飛ぶ美しい風景を表現、まずは手に取った人の目を楽しませる。
そして口に含む。砂糖の中でも最高級の和三盆の上品な甘さがゆっくりと広がり、思わず頬が緩んでくる。
油脂を使わず植物性の原料と炭水化物が中心。洋菓子に比べて低カロリーで体に優しいのもうれしい。」

 ★御菓子司 金時堂さんのfacebookページはコチラ

そのほか、今話題の…♡あの方やあの商品、あの味!も!ぜひチラシやfacebookページも見てください!

Follow me!